0歳から100歳までの生涯フィットネス 

アルプスマシン販売

株式会社アルプス 代表 油谷信隆コラム

 アルプスは2003年4月に小さな田舎町のフィットネスジムとしてスタートしました。
当時、消防士時代のなけなしの退職金で購入した10数台のマシンと、自分達で仕上げた素人仕事のお粗末な内外装でした。人口約3万人の田舎ではターゲット層を一般成人に絞っていては経営が立ち行かず、苦肉の策として子供運動指導「かけっこ塾」や、当時では珍しかった短時間通所介護事業所「運動特化型デイサービス」をスタートさせていきました。
 弊社理念である「0-100fitness」(0歳から100歳までの生涯フィットネス)の誕生です。
どの事業でも指導ツールや運営ツールとしてトレーニングマシンが施設の中心にありました。ここ数年はマシンメーカー様との共同開発やシステム開発にも力を注いで参りましたが、マシンやシステムは大変高額で、時として経営を圧迫してしまいます。私も開業当初は初期投資の回収に不休で働き続けました。
 弊社では今日まで全国200施設以上マシン納品を行ってまいりましたが、その中のたくさんの施設で
「マシンを導入したからもう安心・・」
「マシンがあるからお客様が来る?」
と勘違いされているのでは!?と感じることがありました。
 マシンは購入するのが目的では無く、お客様に利用いただき、効果を実感して喜んでいただければ利益をもたらすものです。そこで、アルプスでは必要な運営ツールやプログラム、研修、見える化評価システムをご活用いただき、マシンが必要なお客様には、弊社が厳選したトレーニングマシンを出来る限り費用協力させていただく仕組みをスタートいたします。
それが「Mint web サービス」です。
SNSが支流となりつつある時代ですが、アルプスは現場第一!「顔が見えるお付き合い」を目指して全国へお伺いする事を約束いたします。




↑ PAGE TOP